記事一覧

都心にビジネスの拠点を

婦人

賢い物件選びをするには

東京・中央区は八重洲、京橋、兜町といった日本経済の中心を担うビジネス街が密集する地域です。中央区でオフィスを構えられるというだけで信用度も高まります。今回は、そんな中央区で賃貸オフィスを契約する際のポイントをご紹介していきます。1.現地を下見する中央区は、ビジネス街という一面だけでなく築地市場や銀座、人形町や月島などの下町など多彩な側面があります。希望する賃貸オフィス物件の周辺が自分の事業にあった雰囲気かどうか、実際に足を運んで確かめておくとよいでしょう。また、アクセス面においても実際歩いて確かめるのは有効です。区内には地下鉄だけでも9路線29駅が設置されています。遠方からの来客が多い場合には乗り換えのしやすさ、駅からオフィスへの道順のわかりやすさなども考慮しておきましょう。2.基本条件を挙げる賃貸オフィスを選ぶ際の条件を、立地、広さ、コスト、設備それぞれの観点から挙げていきます。中央区は人気のエリアとあり、賃料相場も高いので優先順位をきちんとつけておくようにしましょう。3.不動産業者に相談する不動産業者に相談する際は、必ず複数の業者を利用し比較検討します。賃貸オフィス物件は住宅物件に比べて保証金や賃料の交渉も応じてもらいやすいので比較することで、コストを下げられる可能性が上がります。また、下町エリアなどでは、「まちの不動産やさん」とよばれるような小さな不動産業者でも優良物件の情報を持っている場合があります。大手業者と併用するとよいでしょう。